イシンホーム 坪単価

家を建てるときには、ハウジングメーカー選びというのが大事になってきます。どうしても、最初は、大手のハウジングメーカーのネームバリューなどに惹かれてしまものですが、大手ハウジングメーカーであれば安心、とひとことでも言えません。また予算との兼ね合いもありますので、賢く選びたいものです。

 

 

 

 

こういった中で、イシンホームというハウジングメーカーは、いい家を、手の届くかたちで提供しているといえるハウジングメーカーだといえるでしょう。

 

 

 

 

もともとの、イシンホームの前身の会社は1990設立に設立しています。当初は株式会社イシンという名前でしたが、1997年よりフランチャイズ事業を開始しています。

 

 

 

こういったフランチャイズ展開のイシンホームですが、さまざまな商品開発をしており、営業費用や開発費もかかっている中で、価格帯もおさえたかたちになっています。

 

 

 

 

 

坪単価を見てみると、ホームページに載っているイシンホームの坪単価目安としては、30万円台〜という数字が書かれています。

 

 

 

 

ただ、実際には、平均的な最終坪単価は、ここからさらに増えて、だいたい45〜60万円程度になってくるといってよいでしょう。

 

 

 

 

だいぶ増えた数字となりますが、実際に、こういった単価の増加というのは、イシンホームに限ったことではありません。最初にでてくる坪単価と、そのあとにさまざまな工事や費用が掛かってきた後の単価というのは、だいたいこれくらい増えるということが多いのです。

 

 

 

 

 

とはいっても、最終単価としても、イシンホームは手頃な価格帯のハウジングメーカーといえるようです。フランチャイズとして展開し、商品の開発を積極的に行っている割には安い単価になっているところは、評価をされているポイントでもあります。

 

 

 

 

 

ただ、イシンホームの中でも人気のあるミラクルパネルについては、これを付けると、プラス100万円程度となってしまいます。そのため、ミラクルパネルについては、予算と兼ね合いで坪単価をみたほうがよいといえるでしょう。

 

 

 

ちなみに、ライバル会社である、クレバリホームの坪単価は、クレバリーホーム 坪単価|値引き交渉のポイントのページを参考にして下さいね(・∀・)b

続きを読む≫ 2015/03/14 10:44:14

家を建てるときには、ハウジングメーカー選びについても、慎重になってきます。大手ハウジングメーカーであれば安心、とひとことでも言えません。また予算との兼ね合いもあります。そういったなかで、イシンホームについてみていきたいと思います。

 

 

 

 

イシンホームは、木造パネル工法・PSシステムに特化したハウジングメーカーとなります。そして、全国スケールで、フランチャイズ展開をしているハウジングメーカーです。

 

 

こういった全国展開のチェーンだと、その質なども気になってきますが、そういった点でも、イシンホームの口コミは悪くは有りません。梁の太さ、柱の多さなどの点においても、しっかりした構造だと評価されています。

 

 

 

 

ただし、やはり口コミについて、全体感をしては、ばらつきがあるといえるでしょう。これは、イシンホームに限った事ではありませんが、フランチャイズ経営のハウジングメーカーであると、どうしても、店や営業担当によって、対応にばらつきがでてしまうというところがあります。

 

 

 

 

そのため、口コミにしても、店によって大きな違いがあります。そのため、ひとつの口コミに、イシンホームの営業がよくなかった、とあったとしても、それがすべてではありません。担当によって対応も違ってくることが予想されますので、そういった点で注意が必要となります。

 

 

 

 

また、イシンホームの口コミを細かく見ていくと、全体的に評価されているポイントとしては、材質のよさに注目が集まっているようです。たとえば、土台に使われるオーストラリア産ヒノキにも評価が高く、これは薬剤を使わなくてもシロアリが来ないというところが、高い評価の理由となっています。

 

 

 

 

イシンホームのデザインについて、特に高く評価をしているというものはあまり目につかないようですが、その反面、イシンホームの構造には満足している人が多くみられますので、そういった点を大事にするひとにとっては、いいハウジングメーカーといえそうです。

続きを読む≫ 2015/03/14 10:42:14

家を建てるときには、ハウジングメーカーがどういった値引きをしてくれるのか、という点も気になってくるものです。最初は、それぞれのハウジングメーカーの出しているプランや商品内容といったところに惹かれてしまものですが、大手ハウジングメーカーであればそれだけ高額にもなってきます。

 

 

 

 

予算との兼ね合いもありますので、もともとの単価や、値引きといった点もふまえて、賢く選びたいものです。

 

 

 

 

こういった中で、イシンホームというハウジングメーカーを見てみたいと思います。このイシンホームは1990設立に設立した、現在フランチャイズ展開をしてるハウジングメーカーです。いい家を、手の届く価格帯で提供しているといえるハウジングメーカーとして評判があります。

 

 

 

 

このイシンホームですが、ホームページに載っている坪単価目安としては、30万円台〜という数字が書かれています。ただ、実際には、平均的な最終坪単はもう少し高くなります。

 

 

 

 

ここからどれくらいの値引きになるか、というところですが、イシンホームについては、あまり高額な値引きはされていないというのが現状のようです。

 

 

 

 

ただ、これは決して悪いことではなく、ホームページの他広告等で価格を明記しているため、というのが理由になります。そのため、広告で明記している金額に予め価格を上乗せして値引きをするような事ができないシステムとなっているのです。

 

 

 

 

値引き率を大きく見せるために、最初の価格を高めにだしておく、といったような戦略をとるハウジングメーカーもある中で、イシンホームのやりかたは、誠実だということができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

表示されている価格からの値引きについても、もちろんないわけではありませんが、押しなべて少なめの値引き、というような傾向のようです。これも、一部のお客さんだけを優遇するような事はしないという事が、イシンホームの方針として、しっかりあることが理由のようです。

 

 

 

 

 

もちろん、実際にイシンホームで家を建てたという人の口コミなどで、家本体ではなくオプションをつけて、そこから値引きをしてもらった、などのエピソードもありますので、相談をしてみることは、もちろん可能だといえるでしょう。

 

 

 

また値引き交渉のポイントの一つは、他ハウジングメーカーと迷っていますと営業マンに伝える事です。

 

 

 

他社は総額これぐらいでできますよと伝える事で、営業マンによってはノルマがあるので頑張って値引きもしてくれるようです。

 

 

 

他のハウスメーカーの総額を知るには下記の「タウンライフ家づくり」のサイトが便利です。

 

 

 

無料で、他ハウスメーカーの総額や間取りももらえますので、いろんな間取りも参考にできておススメですよ。

 

 

 

値引き交渉の役立つ資料となること間違いなしです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2015/03/14 10:37:14

家を建てるときには、資金繰りも大変です。予算を考えながらの、ハウジングメーカー選びとなります。家はかなり高い買い物になってきますので、慎重になってきます。さらには、予算との兼ね合いもありますので、ローンを使う人も多いはずです。

 

 

 

そういったなかで、「世界一楽な住宅ローン」そして、「0円住宅」をうたっているハウジングメーカーがあるのです。それが、イシンホームです。

 

 

 

 

イシンホームは、岡山に本社のあるハウジングメーカーとなります。そして、世界一楽な住宅ローン、という事が言われています。このイシンホームのローンというのが、なんと、家のローンを0円にできるというものなのです。

 

 

 

 

これが、イシンホームの0円住宅、ともいわれているものです。実際にはどういったものかというと、太陽光発電システムの売電収入が、そのからくりとなります。

 

 

 

 

太陽光発電を取り付け、その売電収入を得ることで、それと相殺するような形で、家のローンを0円にするというものです。これを、スーパースマートハウスローン、と呼んでおり、このローンを取り入れた商品を、イシンホームでは、0円の家という形で発表しています。

 

 

 

 

実際、このシステムや、ローン、そして0円住宅というものは、ネット上などでも、評判がよいようです。

 

 

 

 

イシンホームの広報によると、30kwの太陽光発電システムを取り入れた場合、年間約142万の売電収入が得られるようになります。

 

 

 

 

この例で計算してみると、住宅価格3600万円程度の場合、住宅ローン返済額が月々約11万円となります。そして、月々の太陽光発電システム売電収入が12万円程度、という試算になるということで、この差し引きで、住宅ローン0円というかたちになるということです。

 

 

 

 

こういった0円住宅に興味を持っている人も多く、太陽光発電との組み合わせで、住宅を0円で買えるようなローンをプランしたという点で、イシンホームの評判もよいといえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/14 10:34:14

最近は、マイホームを建てるにあたって、太陽光発電を考える人も増えきています。これは、エコへの配慮というものもありますが、それに加え、価格面でのメリットが大きいというところも、その理由として増えているようです。

 

 

 

太陽光発電というのは、建てるときの初期費用は掛かりますが、上手な取り入れ方をすれば、全体的な光熱費のコストを抑えることができますし、それだけではなく、売電というシステムも取り入れられるようになっています。

 

 

 

こういった、太陽光発電をうまく生かして、トータルコストを下げるだけではなく、なんとローンを0円にするという家づくりがあります。

 

 

 

 

それが、イシンホームです。

 

 

 

 

実際家づくりには、資金の調達が大変なポイントになります。ローンや予算との兼ね合いもあってハウジングメーカー選びをする際には、ぜひ参考にしたいところになってきます。

 

 

 

 

イシンホームの太陽光発電は、「世界一楽な住宅ローン」そして、「0円住宅」というプラン設計が可能となっていて、これが評判をよんでいます。もともとイシンホームは本社(総合戦略本部)が岡山県にあるハウジングメーカーで、フランチャイズで事業展開しているところになります。

 

 

 

 

ここが提案しているのが、太陽光発電システムの売電収入で家のローンを0円にするというローンです。「スーパースマートハウスローン」と呼ばれていて、これによって、0円の家というのが実現できるようになっているのです。

 

 

 

イシンホームの試算によれば、30kwの太陽光発電システムを取り入れた場合だと、だいたい年間に約142万の売電収入が得られるということです。これを、毎月のローンの返済にあてていくと、ローンの方が少なくなる、つまりは0円ローンが実現できる、という試算になるというのです。

 

 

 

エコな観点からの太陽光発電の取り入れと、ローンを0円にしてマイホームを実現する、その双方がかなう住宅プランとして、評判や注目を集めているものが、このイシンホームの商品になっています。

続きを読む≫ 2015/03/14 10:32:14